仮想通貨

猿でもわかる仮想通貨投資の魅力! 売っても良し、保持しても良し

こんにちはJOJOです!

投資手法は数多くありますが、その中でも最近もっとも注目を集めているのが仮想通貨。

2017年は仮想通貨元年とも言って良い年で、ビットコインを始めとする仮想通貨で数億円稼ぐ人(億り人)が急増したことでも話題になりましたね。

僕も今年から早速仮想通貨投資を始めており、その魅力と将来性にどっぷりとハマっております。

ただ、仮想通貨投資といっても、まだ大半の方が実際にどんなものかよく分からないというのが本音じゃないでしょうか。

実際に、僕自身も昨年までは「また、怪しげな投資手法が生まれたな~。近寄んの辞めよ」くらいにしか思ってませんでしたし。

だって、一年で投資リターンが2,000%とか怪しいじゃないですか(笑)。

ただ、仮想通貨のことを知れば知るほど、仮想通貨の魅力・可能性をビシビシと感じるのですね。

今回は、僕が感じている仮想通貨投資の魅力についてご紹介したいと思います。

値上がり実績がハンパない

仮想通貨は資金効率の観点から投資として、群を抜いています。

世界で最初の仮想通貨であるビットコインは2017年だけで20倍に値上がりしました。

100万円持っていただけで、1年後には2億円の資産が築けた訳です。

凄まじい投資効果ですよね。

次世代の送金インフラとして実用化が進んでいるリップルなんかは200倍に上昇。

もはや株とか不動産投資と比べるのが愚かしいくらいの利回りです。

そのため、仮想通貨投資としては、基本的にその将来性に賭けて安いコインを購入して、将来的に値上がりしたら売却する(日本円に換算する)という手法が一番オーソドックスです。

いわゆるトレードというやつですね。

ただ、仮想通貨の短期トレードで利益を上げるのは結構難しいです。

今や仮想通貨ブロガーとして有名なイケダハヤトさんも、過去に仮想通貨FXに挑戦したけど赤字で撤退しましたしね。

難しい理由は、そのボラティリティ(変動幅)の高さ。

仮想通貨を保有してみるとすぐに分かりますが、一日で価格が20%くらい上下するのは当たり前。

僕はcoincheck(取引所)のアラートメール機能を利用していて、15分間に2%以上価格が変動した場合メールを受け取ることにしているのですが、毎日数え切れないくらいメールが届きます(笑)。

それほど値動きが荒いのですね。

なので、FXで相当短期トレードに慣れている方じゃないとすぐにロスカットです(笑)。

ちなみに、僕もFXに手を出しましたが、10分間で2万円損して、すぐに撤退しました(笑)。

なので、仮想通貨は基本的に中期~長期保有して、値上がりを待つやり方(ホールドと言います)が有効だと思います。

特に仮想通貨はマーケティングの世界で言うアーリーアダプター層がようやく参加してきた状態なので、これからまだまだ需要が増えていきます。

つまり、価格が上がる確率が高いのですね。

ちょうど、昔の外貨FX黎明期のような時代です。とりあえず、外貨を買えば儲かるみたいな。

なので、基本的に数ヶ月間はホールドして、儲かったら利益確定するという流れになります。

ストック収入も狙える仮想通貨

そして、仮想通貨の凄いところは、値上がりによる売却益だけでなく、利息やFXでいうスワップポイントのようにストック収入(定期収入)も狙えるのです。

そこで、賢明な読者の皆様は気がつくかもしれません。

仮想通貨って、利息ないだろうと。

そう、仮想通貨には利息はありません。

そのため、単に仮想通貨だけを保持していても、金と同じでストック収入は入ってこないんですね。

なーんだと思った方、まだ早いです。

仮想通貨にはストック収入を狙うという投資手法もしっかり存在しています。

それがマイニングです。

マイニングとは

仮想通貨にはマイニングが必要です。

このマイニングというのは、仮想通貨の決済承認を行う作業のことです。

仮想通貨というのは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型の決済システムで成り立っています。

つまり、銀行のように大手企業や組織が管理者として、大規模な決済インフラを整備・運営している訳ではなくて、世界中のPCやスマホが協力して決済を実行しています。

仮想通貨の取引履歴はブロックという単位に書き込まれます。

そして、そのブロックの中に最初の取引から最新の取引まで全て記録・保管されています。

当然一つのブロックに全ての取引履歴を書き込むことはできないので、複数のブロックに分けて記録されることになります。

ちなみに、ビットコインの場合は、1ブロックあたり1MBと決められています。

そして、これらのブロックが数珠つながりのように連鎖して全ての取引履歴を記録していることから、ブロックチェーンと呼ばれるわけです。

そのため、誰かが仮想通貨を使って決済する(法定通貨と仮想通貨を交換したり、異なる種類の仮想通貨同士を交換する)ごとに、新しいブロックが生成されます。

そして、そのブロックを生成する時に、そのブロックが定められた手順で正確に生成されたものかどうかを確かめる作業が必要になります。

これが承認(マイニング)と呼ばれる作業です。

この承認行為には、世界中で何万台ものパソコンやスマホで複雑な計算を行う必要があります。

そして、仮想通貨を決済する人に代わって、承認行為(マイニング)を行うのがマイナーと呼ばれる人です。

ちなみに、マイニングという英語は、炭鉱を掘るという意味です。

じゃあ、マイナーは何をモチベーションにこのマイニング作業を行うのでしょうか。

それは、マイニング報酬がもらえるからです。

つまり、マイニングをする度に、少しずつ仮想通貨がもらえるわけですね。

仮想通貨を購入したり、売却する時には、手数料が必要になります。

僕たち個人が仮想通貨の売買ができるのは、仮想通貨取引所です。

国内で有名なところだと、coincheckやbitFlyerがありますね。

僕たちは仮想通貨の売買の度に取引所に手数料を支払うのですが、その手数料の一部がマイニング報酬としてマイナーに支払われる仕組みになっています。

そのため、世界中にはハイスペックパソコンを大量に買い込んで、24時間マイニングに稼働させているマイナーが沢山います。

 

クラウドマイニングでストック収入を得よう

上記で説明した通り、自分でハイスペックパソコンを買ってきてマイニングすることもできます。

でも、パソコン買ってきて、マイニング用の設定をするのは正直面倒くさいですよね。

しかも、24時間パソコンをつけっぱなしにしたら電気代もかかりますし、第一取引できませんよね。

じゃあ、僕みたいな面倒くさがり屋の個人はマイナーになれないかと言うと、そうじゃないんです。

そんな人用に、マイニングを代行してくれる業者があります。

それは、クラウドマイニングと呼ばれるものです。

このクラウドマイニング業者は個人から資金を集めて、マイニング用のサーバーやパソコンをどっさりと買います。

そして、個人の代わりに電気代の安いアイスランドや中国でひたすらマイニングを行うのです。

そして、得られたマイニング報酬の中から、自分たちの取り分である手数料(だいたい20%くらい)を除いて、資金提供者に還元するのです。

このやり方だと、クラウドマイニング業者に資金を投資するだけで、マイニング報酬を得ることができます。

つまり、毎日チャリンチャリンとストック型の収入を得ることが可能になるのです!

最近ですと、仮想通貨の値上がりが早いので、2,3ヶ月で元本が回収できているようです。

年利で言うと400%くらいですかね。

僕みたいにもともと不動産投資を行ってきた人間には、このストック型収入のほうが魅力的に移ります。

まさに不労所得です。

クラウドマイニングの業者としては、以下の2つが大手となります。

どちらも日本語対応していますので、日本人の出資者も急増中とのことです。

仮想通貨・ビットコインを購入できるオススメ取引所

これから仮想通貨投資を始めたい!という方に、オススメの取引所を3つご紹介します。

取引所はそれぞれ得意分野が違うので、複数の口座を開設しておくと便利です(僕もこの3つは開設済みです)

[aside type=”boader”]

  • 有名企業も多数出資していて、安心の最大手取引所 bitFlyer
  • 日本一安くビットコインが購入できて、積立も可能 ザイフ(Zaif)
  • スマホアプリが使いやすく、アルトコインの数が一番多い coincheck

[/aside]

どの取引所もメールアドレスを登録し、ネット上で本人確認を行うだけですぐ申し込み完了。

5分もあれば完了するので、サクッと口座を開設しちゃいましょう!

初めての方は安心の大手取引所であるbitFlyerもしくはcoincheckで仮想通貨取引に慣れておき、その後手数料が安いZaifでメインの取引を行うのがオススメです。

日本最大手のbitFlyer

オススメポイント

[aside type=”boader”]

  • 国内最大手取引所で、利用者数No.1!
  • 3大メガバンクも出資しているので安心!
  • レバレッジが高く、FXにも最適!

[/aside]

最初におすすめしたい仮想通貨取引所がbitFlyer。ビットコイン取引量日本一を誇る取引所です。

bitFlyerの特色は、なんといっても大手の安心感。

メガバンク3社、リクルート、SBI証券など、日本の名だたる大企業が株主です。

また、三井住友海上火災保険株式会社と提携し、日本で唯一盗難補償サービスが付帯しています。

とりあえず仮想通貨を始めるなら、bitFlyerが安心です。

また、レバレッジも高く設定できます(coincheckの最大レバレッジが5倍であるのに対し、bitFlyerでは15倍)

そのため、FX取引をメインで考えている方は、bitFlyer一択だと思います。

ただ、仮想通貨は通常でもボラティリティ(価格の変動幅)が大きいので、レバレッジをかける際にはロスカットに気をつけましょう。

[btn] bitFlyerで口座を開設する [/btn]

初心者にオススメ 取扱コイン数国内No.1のcoincheck

オススメポイント

[aside type=”boader”]

  • ビットコインの現物取扱高が日本一
  • 13種類の仮想通貨を取り扱う(国内No.1)
  • 取引サイト/スマホアプリがとにかく使いやすい

[/aside]

次におすすめしたい仮想通貨取引所がcoincheck。ビットコイン現物取引量が日本一を誇る取引所です。

ちなみに、bitFlyerはFXも入れたビットコインの取引量では日本一。まあ、bitFlyerとcoincheckが国内のNo.1の座を争っているという感じです。

coincheckは最近人気芸人の出川哲朗をCMキャラクターに起用していので、CMを見たことがある人も多いでしょうね。

このcoincheckは創業者である和田晃一良さんを始め、経営陣がバリバリの理系出身者であることが強みです。

代表取締役の和田さん自身、東京工業大学の理学部出身で、大学在学中にcoincheckを創業しています。

そのため、coincheckは特にテクノロジーに強い印象です。

仮想通貨というとまだまだセキュリティ面が十分に整備されているとはいえません。

スキャムと呼ばれる詐欺サイトやプロジェクトも多いですし、ハッキングされて口座から仮想通貨が盗まれたなんて言う事件にも事欠かないです。

その点、coincheckはセキュリティには国内一力を入れていると言っても良いかもしれません。

国内でいち早く2段階認証を取り入れたのもcoincheckですし、東京海上日動火災保険と提携して、最大100万円までの盗難補償サービスも提供しています。

取引所がハッキングされてしまえば、自分の大切な仮想通貨がハッカーに盗まれてしまいます。

そのため、取引所のセキュリティは口座開設する際には大切なポイントとなります。

coincheckでは、創業者も含めて優秀なエンジニアを多数確保して、セキュリティに多大な投資をしています。

その点では、coincheckは安心できると思います。

また、テクノロジーに強いという特徴をもっとも良く表しているのが取引サイトやスマホアプリの使いやすさ。

他の取引所と比べても圧倒的にインターフェイスが分かりやすいです。

そのため、投資初心者の方はまず最初にcoincheckを口座開設し、操作に慣れてから他の取引所へステップアップしていくのが良いかと思います。

仮想通貨では、注文ミスで間違ったコインを沢山買ってしまったなんて事故も良くおきますので。。

そして、最後にcoincheckをオススメしたい理由は、ビットコイン以外のアルトコインの取扱数が13と国内取引所で一番多いこと。

最近、ビットコインは有名になり過ぎて価格が一気に高騰し過ぎています。

そのため、仮想通貨で大きな値上がりを期待するなら、まだ過熱していないアルトコインがオススメです。

僕のオススメは、イーサリアムとリップル。

イーサリアムはスマートコントラクトのプラットフォーム分野ではNo.1のコインで、流通総額についてもビットコインに次いで第二位です。

リップルは企業向け決済プラットフォーム分野でNo.1のコイン。2017年は300倍に急上昇して話題になりましたね。

実際に三菱UFJ銀行が決済インフラとしてトライアル中と、実用化が進んでいます。

仮想通貨というと、通貨以外での活用方法が曖昧なことが多いのですが、この2つのコインは利用用途が明確であり、既に実用化段階に来ています。

そのため、今後の将来性を考えるとこの2つの通貨がオススメです。

coincheckではもちろん両方とも購入することができます。

初心者の方で、ビットコイン以外のアルトコインを購入してみたいとお考えの方には、coincheckがオススメです。

[btn]coincheckで口座を開設する[/btn]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!