節約

日経新聞を無料で読める裏ワザを紹介! 楽天証券の口座を開設するだけのカンタン作業

こんにちはJOJOです!

社会人の方の中には、日経新聞を購読されている方も多いと思います。

日経新聞は質・量ともに素晴らしいのですが、毎月4,900円の出費は正直痛いですよね。

年間だと5万円の出費。5万円あったら家族でちょっとした小旅行に行けちゃいます。

『日経新聞は読みたい、でもお金は払いたくない』

今回は、そんな願いを叶える方法を紹介しちゃいます!

結論から言うと、楽天証券の口座を開設すれば、誰でも完全無料で日経新聞が読み放題です。

条件は口座を開設するだけ。入金も必要ないし、株も買う必要ありません!

では、くわしく解説していきます。

楽天証券では日経テレコンが無料で利用できる

楽天証券で口座を開設すると、日経テレコンというサービスが無料で使えるようになります。

日経テレコンとは、日経新聞の電子版とほぼ同じ記事を見ることができる有料サービスのことです。

 

日経テレコンでできること
  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

日経新聞以外にも、より企業活動について詳しく解説してくれる日経産業新聞、日経MJの記事も読むことができます。日経新聞よりもコンテンツは充実してますね。

この日経テレコンは日経新聞社が提供している有料サービスです。

普通に利用しようとすると、毎月8,000円以上かかります…

※日経新聞社ホームページより抜粋

楽天証券に口座を開設すると、このサービスが無料で利用できるのです!

もちろん情報はリアルタイムで更新されます。無料だから記事の配信が遅れるなんてことはありません。

楽天証券が日経テレコンを無料提供している理由

楽天証券の口座を開設している人が無料で日経テレコンを利用できる理由は、楽天証券が日経新聞に利用料を支払っているからです。

楽天証券の側からすると、たくさんの利用者に株や投資信託の売買取引を行ってほしいです。取引手数料が証券会社の収益になりますからね。

ただ、株や投資信託の買い時・売り時を判断するためには、政治・経済の情報は欠かせません。

そのため、楽天証券は自社での株取引を活発に行ってもらうために、日経テレコン経由でさまざまな政治・経済の情報提供を行っているわけです。

ただ、実際は楽天証券で株や投資信託を購入しなくても日経テレコンを利用することが可能です。

必要なのは口座を開設するだけ。入金すら必要ありません。

楽天証券太っ腹すぎる!

口座開設がまだの人は、サクッと申し込みましょう。Web経由で5分で申し込み完了できます。

楽天証券で口座を開く>>楽天証券

無料で日経新聞(日経テレコン)を読む方法

楽天証券で、日経新聞を読む方法は次の2通りあります。

  1. iSPEED(スマホ用アプリ:iPhone版/Android版)
  2. マーケットスピード(パソコン用アプリ:Windows版/Mac版)

iSPEEDがスマホ利用者向けで、マーケットスピードがパソコン利用者向けです。

プロのトレーダーの人以外は、スマホで日経新聞をチェックすると思うので、iSPEEDだけスマホにインストールすればOK。

>App Storeでダウンロードする

>Google Playでダウンロードする

iSPEEDで日経テレコンを利用する手順

スマホからiSPEEDアプリを立ち上げます。

右上の「Market Today」をクリック。

ページ真ん中までスクロールして、「日経テレコン(楽天証券版)」をクリック。

Webブラウザを起動して良いか確認されるので、「はい」を選択します。

iSPEEDアプリでの動作はここまでで、これからはWebブラウザを立ち上げて日経テレコンを利用します。

まず、利用許諾に同意します。

日経テレコンのトップページに遷移します。

右上のメニューボタンをクリック。

「きょうの新聞」を選択します。

今朝の日経新聞の全記事がババンと表示されます!

読みたい記事をクリック。

記事全文が表示されます。

※著作権保護のため、画面をぼやかしてます。

ちなみに、Webブラウザ上では、写真や図表は表示されません。

写真や図表をチェックしたい場合は、PDFをダウンロードして確認することも可能です。

※著作権保護のため、画面をぼやかしてます。

楽天証券で日経テレコンを利用するデメリット

ほぼメリットしかない日経テレコン(楽天証券版)ですが、ちょっとだけデメリットがあります。

  • 日経新聞電子版に比べると、一覧性・可視性に劣る
  • 直近3日分の記事しか見れない

まず日経新聞電子版のような電子ビューワー機能はありません。

日経新聞電子版の電子ビューワー機能はほんとうに優れものなので、紙の紙面を読んでいるのとほとんど変わらない快適さでザーッと画面を眺めたり、めくることが可能です。

ズームも簡単ですしね。

一方で、日経テレコンは、記事の見出しが一覧表示されているレイアウトなので、自分が見たい記事を見出しだけで見つけないといけません。

また、いちいち記事をクリックしないと中身がみれないので、少しもどかしいですね。

もう一つのデメリットは、直近3日間の記事しか閲覧できないことです。

日経新聞電子版だと直近30日分の記事が読めますね。

なので、一週間分まとめて記事を読みたい人には少し不便かもしれません。

まとめ:やらなきゃ損!

日経テレコン(楽天証券版)は日経電子版に比べると多少の使いにくさはありますが、無料で利用できることを考えると許容できる範囲ではないでしょうか

ほとんどの人は通勤の際に、気になった記事だけサーッと読めれば良いと思います。

実際に、僕も日経テレコン(楽天証券版)しか利用してないですが、これで情報収集は十分です。

独特の使い勝手もすぐに馴れますしね。

そのため、新聞を隅々までじっくりと読みたいという人以外は、日経テレコン(楽天証券版)は絶対にオススメです。

何より毎月4,900円浮くのが大きいです。一回飲みに行けますよね。

上手に節約して、もっと楽しいことにお金を使いましょう!

楽天証券で口座を開く>>楽天証券

関連記事

お金をかけずに不動産投資のノウハウを学ぶ方法

【初心者必見!】お金をかけずに実践的な不動産投資ノウハウを学ぶ方法こんにちはJOJOです! 東京23区でアパート4棟32部屋の大家をしています。 僕は大家を初めて7年以上経ちますが、不動産投資...

初心者が不動産投資を始める前に身につけるべき知識・ノウハウのまとめ記事

不動産投資初心者の方へ:最初に読んでほしい記事はじめまして! 不動産投資ブログ「あそぶろ」を運営しているJOJOです。 僕は東京都内で4棟32部屋のアパートを経営している現役の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!