不動産投資

ローコスト新築戸建が続々登場 800万円で家が建つ

最近、建築費が高騰してきたため、マンションだけでなく、戸建の価格も上昇傾向にある。例えば、比較的安い建売業者に発注した場合、以前は2階建ての戸建が建築費1,500万円くらいでできていたものが、現在は、2,000万円を超える価格になってきている。

そんな中、最近続々とローコスト住宅というものが出てきている。今回は、最新の事例を紹介したい。

金沢を基盤としている(株)クラスコは、ローコスト新築戸建事業に着手した。この住宅は、なんと2LDK・2階建てタイプ、19.25坪で、本体価格768万円(税抜き)からとのことだ。家族4-6人向けの大型4LDKでも1,096万円とのことなので、通常の建売業者の約半分くらいの金額になっている。

安さの秘訣は、間取プランを絞り込むことによって、職人が建築するスピードを上げやすいことと、部材の大量発注による建材コストの削減のようだ。標準仕様を見たところ、ペアガラス、追い炊き機能、食器乾燥機とほぼ通常の戸建メーカーの標準装備と変わらない。これで価格が半分以下というのは驚きだ。

768万円であれば、戸建を新築し、賃貸に回しても十分に採算が取れるレベルのため、実際には戸建投資家からのニーズが高いと想定している。僕自身も築古の戸建投資を検討した際に、色んな業者にリフォームの見積もりを依頼した。外壁の補修から、内部のキッチン、バス、トイレ等の入れ替えまで行うと、安くても500万円くらいかかる。築古の戸建をリノベーションしても、家賃は絶対に新築並みに上げることはできない。第一、築古の戸建をリノベーションしても、基本構造は古いままなので、耐震、断熱性能は低いままであることが一般的だ。そのため、768万円であれば、思い切って新築して賃貸に回した方が利回りは高いということになる。

戸建投資を検討している方は、これからは新築戸建も要チェックだと思う。

関連記事

お金をかけずに不動産投資のノウハウを学ぶ方法

【初心者必見!】お金をかけずに実践的な不動産投資ノウハウを学ぶ方法こんにちはJOJOです! 東京23区でアパート4棟32部屋の大家をしています。 僕は大家を初めて7年以上経ちますが、不動産投資...

初心者が不動産投資を始める前に身につけるべき知識・ノウハウのまとめ記事

不動産投資初心者の方へ:最初に読んでほしい記事はじめまして! 不動産投資ブログ「あそぶろ」を運営しているJOJOです。 僕は東京都内で4棟32部屋のアパートを経営している現役の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!