不動産投資

近所に完成した新築賃貸併用住宅 気になる収益性は?

こんにちはJOJOです!

近所に大規模な住宅が建設されました。

一軒家にしては大きいし、ドアも複数あるなあと思っていたら、最近はやりの賃貸併用住宅でした。

この土地30坪くらいある細長い土地なんですが、以前は駐車場として利用されていました。角地にある細長い土地なので、車を停められる数が多く取れるんですね。そのため、駐車場としてもソコソコ利回りは良かったはずです。

それが、最近の土地高騰の折り、売りに出されました。値付けは1億円。坪単価300万円以上なのでそこそこ良い値段ですね。

それが、数か月で土地は売れまして、建物の建設許可のカンバンが設置されました。

それから、約2年たち、ようやく竣工。白塗りのモダンな賃貸併用住宅です。

結構オシャレです。

外観にほとんどおカネをかけなかった我が家に比べると随分カッコ良いですね(笑)。

まあ、自宅はおカネを生みませんから、僕としてはあまり投資したくないんですよね。

賃貸併用住宅のスペック

1Fは1LDK 30㎡×2部屋の賃貸。

それぞれ家賃は13万円程度。新築なので高い値段ですね~。

それでも3ヶ月くらいで両方とも埋まってました。やっぱり新築は強いんですかね。

ちなみに僕の少し狭い28㎡くらいの1DKは築浅で家賃9万円くらいなので、もう少し粘れば高い家賃でもいけるかもしれません。

でも、僕は空室が嫌なタチなので(皆嫌か)、家賃を少し下げてでもすぐに満室経営が好きです。

次に2,3F部分はオーナーの住居。

オーナーは恐らく30代中盤の夫婦。

小さな赤ちゃんがいます。30代中盤で1億円を超える賃貸併用住宅のオーナーになるのはスゴイ勇気!

聞くところによると、1F部分の1LDKについてはオーナー夫婦のご両親が今後高齢になった時に、一緒に住めるように考えたとのこと。

確かに道路から玄関ドアまでは緩いスロープになっていて、車椅子でも出入りができるバリアフリー設計。親孝行ですね。

建設中のカンバンには個人のオシャレな設計事務所の名前があったので、恐らく練りに練ったプランで建物を建てたのでしょう。確かにカッコよい。

気になる利回りは?

さて、建物はカッコ良いのですが、投資家目線ではどうでしょうか?

建物は180m2で5,000万くらいでしょうか。建築家を入れているのでひょっとしたらもっと高いかもしれません。

すると、土地建物全部こみで1.5億円

全部の部屋を賃貸に出すと想定して、想定家賃は45万円/月くらい(1K×2, 3LDK×1)。年540万円

利回りにすると、3.6%。

新築の戸建が利回り2-3%くらいなので、少し良いですね。

でもやっぱり普通のアパートに比べると利回りは劣りますね。

ただ、1Fの賃貸部分だけでも家賃26万円は入ってくるので、住宅ローンの大部分は払えているでしょう。

すると自分の住居部分はタダで住めていることになるから、これはこれで良いのかもしれません。

関連記事

お金をかけずに不動産投資のノウハウを学ぶ方法

【初心者必見!】お金をかけずに実践的な不動産投資ノウハウを学ぶ方法こんにちはJOJOです! 東京23区でアパート4棟32部屋の大家をしています。 僕は大家を初めて7年以上経ちますが、不動産投資...

初心者が不動産投資を始める前に身につけるべき知識・ノウハウのまとめ記事

不動産投資初心者の方へ:最初に読んでほしい記事はじめまして! 不動産投資ブログ「あそぶろ」を運営しているJOJOです。 僕は東京都内で4棟32部屋のアパートを経営している現役の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!