不動産投資

戸建のメリット・デメリット 購入する前に理解すべき最低限のポイント

読者の方から戸建とマンションの違いについて教えてほしいとリクエストが有りました。

こういうリクエストって、ブログを書く方からするととっても嬉しいんですよね。

コメントもらった時なんてウヒョーって感じです。

なので、喜んで書いちゃいます。僕って単純? 良く言われます(笑)。

さて、今回は戸建のメリット・デメリットを一気に紹介しますよ!

戸建の良いところ

僕自身戸建に8年住んでいます。そんな体験談の中から、重要なものをピックアップして紹介しますね。

音を立てても問題ない

僕には2人の息子がいるんですが、そりゃまあ毎日ドタバタですよ。特に4歳の次男なんて全力で飛び跳ねます。ソファから飛び降りると、ドシンと重い音がリビングに鳴り響きます。

そんな時、戸建で良かったなあと心底思います。もちろん、下の階にも音や振動が響き渡るのですが、同じ家族なので、「また次男が騒いでるな」くらいに感じるくらいで、許しちゃいます。

これがマンションだと結構厳しいでしょうね。特に男子は飛び跳ねる生き物です。自分の存在意義を主張するかのように飛び跳ねます。嬉しいときも、怒りをぶちまけるときもとにかく飛び跳ねます。

男の子のお子さんがいるご家庭は戸建はとっても良いと思います。

風通しが最高

僕の家は前方と後方は道路に面しており、両隣がご近所さんの戸建が建っています。

ただ、リビングは窓を四方全てに設置しているので、とにかく風通しが良いです。

夏なんかは、全ての窓を開け放つので、とにかく気持ち良い!

風水的にも気の流れを確保するのは重要みたいです。

戸建は窓の数が多いので、マンションよりも風通しは良いと思います。

マンションの友達も多く、良く遊びにいきますが、やっぱり春・夏の開放感は戸建に軍配が上がります。

プライバシーが確保できる

僕の家は3階建てです。最初は階段も多いし、できれば2階建てが良かったなあと思っていました。

もちろん、広い土地を購入するおカネがなかったから3階建です(エヘン。自慢するとこちゃうやろ!)

ただ、3階建てのメリットってあるんですね。それはズバリ、プライバシーが確保できること。

お互いの部屋同士の空間が離れているので、人の気配を感じることが少ない。

例えば、僕達夫婦の寝室は3階にあります。そして、客間は1階にあります。

良く両親が泊まりに来るのですが、その時は1階に泊まってもらいます。

3階と1階それぞれにトイレがあるので、お互い寝に行ってしまえば、顔を合わせることもありません。

両親も、親子とは言え、顔を合わせる必要がないので遠慮なくリラックスできると喜んでいます。

将来的には1階は子ども達の部屋にする予定です。

そうすれば、3階は親、2階はリビング、1階は子ども部屋とお互いに独立性を確保できます。

だって、息子二人が高校生とかになって、思春期まっさかりの時のことを想像すると恐ろしいです。

僕が子供だったら、絶対に親の隣の部屋になんて寝たくないです。

その時、3階建てはお互いにプライバシーを適度に確保できるので有り難いと思います。

ランニングコストが安い

やっぱりおカネって大事ですよね! 僕もおカネ大好きです(え、聞いてないって?)

戸建は管理、修繕を全部自分で行う必要がある反面、マンションで発生する管理費や修繕積立金が必要ありません。

また、駐車場が付いているので、車を持っている人は駐車場台を払う必要もありません。

あと、意外と知られていないことなんですが、固定資産税もマンションより戸建のほうが安いです。

鉄筋コンクリートって、固定資産税の評価額がめちゃくちゃ高いです。

しかも法定耐用年数が47年(木造は22年)なので、なかなか価値が目減りしません。

そのため、30年とか長いスパンでみると、戸建のほうが圧倒的にランニングコストは安いです。

戸建の悪いところ

僕自身は戸建を気に入って住んでいるんですが、やっぱり悪いところもいくつかありますね。代表的なものを紹介します。

寒い

戸建は断熱材を入れて建てているとはいえ、マンションの気密性に比べるとそれこそ天と地ほど差があります。

冬ははっきりいって寒いです。

窓も多いという春・夏のメリットが冬は逆にデメリットになります。

風通しが良いので、冬でも寒いです。

なので、我が家では石油ファンヒーターがかかせません。

エアコンだけだと足元がひんやりするんです。

寒がりの人はマンションのほうが良いかもしれません。

外壁・屋根のメンテナンスを自分で行う必要がある

僕の戸建の壁は吹付け仕上げなんですが、築8年にも関わらず、ビシッとヒビが入っています(泣)。

建ててくれた工務店さんには何度か無償で修理してもらったのですが、数年立つとまたヒビが入ります。

工務店さんからは日当たり良いから仕方ないですね~なんて言われるんですが、正直困ります。

戸建は完全に100%自分のものなので、このような壁とか屋根の修繕を全部自分自身で手配する必要があります。

業者さんを呼んで、複数社に相見積もり取る。そのためには、外壁や屋根の修繕について最低限の知識も必要になります。

マンションだったら、管理組合がしっかりと共用部のメンテナンスをしてくれますね。

近所付き合いが必要

僕の戸建は元々大きなマンションが建っていた敷地を4分割して分譲されてました。

そのため、4軒の隣近所は同じ時期に入居し始めたのですね。

幸い、全家族同年齢で、子供もいるという家族構成が同じなので仲良くさせてもらっています。

ただ、お互いの家族構成が違っていたり、ご近所さんとソリが合わない場合は結構たいへんです。

毎朝顔を合わせる度に、挨拶がてら軽い世間話をするのは当然ですし、お互い「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」と声もかけます。

こういう濃厚な関係が好きな人には良いでしょうが、嫌いな人には戸建は向かないかもしれません。

ちなみに、僕は一度父が急遽他界した際に心労で救急車に搬送されたことがあります。

その時は、隣近所の人全ての注目の的になりました。かなり恥ずかしかったです。

まとめ

以上のように、戸建にもメリット、デメリットが当然のごとくあります。その特性を掴んだ上で、上手に戸建ライフを楽しんでもらえたらと思います。

さて、次回はマンションのメリット・デメリットについて書く予定です。お楽しみに!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!