不動産投資の始め方

メンタルブロックの外し方 不動産投資を始めるために、一番大切なこと

こんにちはJOJOです!

大企業、公務員での副業解禁が進む中、『副業として不動産投資を始めたい!』と思うサラリーマン投資家の方が増えています。

僕自身も多くのサラリーマンの方から『不動産投資を始めたいんだけど、何から始めたら良い?』と相談を受けます。

不動産投資は投資というより、賃貸経営という事業ですので、生半可な知識では業者のカモにされるだけです。

そのため、まず最初はとにかく不動産投資に関する勉強をするようにアドバイスしています。

不動産投資の勉強方法に関する記事

でも、残念ながら沢山勉強して不動産投資に必要な知識を身につけても、実際に物件を購入する人は少数派です。

僕の経験では、不動産投資関連の書籍を読んだ100人のうち、物件を購入するのはたった1人といった感じ。

割合でいうと、1%なんです。少ないですよね~。

じゃあ、残りの99%の人はどうして不動産投資を始められないのか?

その最大の原因は、『メンタルブロック』にあると思います。

メンタルブロックとは

何か行動を起こそうとするときに思い浮かぶ、「できるわけがない」「失敗する」「こうしなければならない」といった否定的な思い込みや固定観念。また、それによって行動が抑制されてしまう状態。

出典:小学館 デジタル大辞泉

不動産関連本を沢山読んで、十分な知識を身につけても、ご自身のメンタルブロックを外せないために、不動産投資を始められない方が大勢います。

今でこそ、アパート3棟と戸建を所有している僕ですが、最初の頃はなかなか不動産投資に踏み出すことができませんでした。

本屋さんに行く度に、不動産投資に関連する本を購入するんだけど、実際には始められない。

僕が物件の購入に踏み切れなかった理由はざっと以下の通り

  • 借金を返せなくなったら、どうしよう
  • 入居者が見つからなくて、空室が続いたらどうしよう
  • 物件を購入した後に、大きな瑕疵が見つかったらどうしよう
  • 物件を購入した後で、大地震が来たらどうしよう
  • 今後金利が急上昇したら、借金返済ができなくなってしまう

不動産投資をやろう!と決心しても、いつもこんな理由が頭に浮かんできて行動に踏み切れない。

そんな繰り返しが3年くらい続きました。

つまり、メンタルブロックが外せなかったのですね。

そんな僕でも何とかメンタルブロックを外して、不動産投資を始めることができました。

今回は、僕がどのようにしてメンタルブロックを外すことができたかを紹介したいと思います!

人間の脳は新しいことをリスクだと認識する

まず、不動産投資を始める前に不安な気持ちになるのは当たり前だと認識しましょう。

なぜならば人間の脳は『新しいことを始める=リスク』だと常に認識するからです。

大脳は、大きく分けると「大脳新皮質」「大脳辺縁系」という2つの構造で構成されています。

表面部分にある大脳新皮質では、思考や判断といった、『理性』を司っています。

一方で、大脳の内側にある大脳辺縁系では、怒りや不安といった、『感情』を司っています。

感情を司る大脳辺縁系が脳の内側にあることから分かるように、僕たちの脳は大脳辺縁系がまず最初に発達し、その後、大脳新皮質が発達してきました。

なぜかと言うと、大脳辺縁系は危機察知能力そのものなんです。

「怖そうな敵が現れた。不安だから逃げよう」

こんな感情を抱く時は、大脳辺縁系が活発化しています。

そして、この危機察知能力は、生物が生き延びるために一番大切な能力なんですね。

恐ろしい敵や、嵐や竜巻といった自然の脅威に無関心でしたら、すぐにやられちゃいます。

なので、生物が一番最初に進化させた能力が、この危機察知能力、そして、この能力を司る大脳辺縁系なんです。

そして、危険を避けるためには、冒険をしないことが一番です。

知らない敵に出会ったら、戦いを挑むより、逃げたほうが生き延びる確率は高くなります。

でも、現代の人間は、昔みたいに周りに危険が沢山ありません。

猛獣は近くにいないし、年中エアコンが効いている快適な家で生活しています。

そのため、危機察知能力を司る大脳辺縁系は昔ほど重要になっていないんですね。

その代わりに思考や判断といった、『理性』を司る大脳新皮質が重要になってきています。

大脳新皮質の能力は一言でいうと、未来のことを冷静に考える能力のこと。

今はツライけれども、少し我慢すれば将来もっと楽しいことが起きるという思考は、この大脳新皮質が獲得した能力です。

この能力があったからこそ、人間は罠を作って、獲物をおびき寄せることもできますし、家を作って自分の身を守ることができるようになったわけです。

何か大きな目的を成し遂げるためには、地道な努力(ツライこと)が必須ですからね。

問題なのは、現代に生きる僕たちにとって、感情を司る大脳辺縁系がいまだにとても強力に作用していることです。

ぶっちゃけ、大脳辺縁系のほうが、大脳新皮質よりも強く作用します。

つまり、感情が理性に勝るわけです。

『お酒を飲みすぎないほうが健康に良いのは分かっているけど、ついつい二日酔いになるくらい飲みすぎちゃう。』

『ダイエットしてスリムになりたいのに、思わずコンビニでケーキを買ってしまう』

こんな時は、だいたい思考が大脳辺縁系に支配されているんですね。

僕の脳なんて、ほぼ毎日、大脳辺縁系に支配されていることになりますw

これは不動産投資を始める時にも当てはまります。

『不動産投資という新しい冒険に挑戦したいけど、失敗することが不安で挑戦できない』

危険を察知するために、このように『現状維持したい』という気持ちを抱くのは人間として当たり前なんですね。

そして、この『現状維持したいという気持ち』こそが、メンタルブロックそのものとなります。

潜在意識を変えることが大事

『現状維持したいという気持ち』は人間の本能に深く結びついています。

つまり、意識する・しないに関わらず、確実に僕たちの思考に影響を与えます。

このように、意識しないのに、実際の思考に影響を与える力のことを、『潜在意識』と呼びます。

この『現状維持したい』という潜在意識は生まれた時から備わっていて、年齢を重ねれば重ねるほど強固に刷り込まれていきます。

これが年を取れば取るほど、冒険できなくなる理由です。

では、このような『現状維持したい』という潜在意識を変えるにはどうすれば良いでしょうか?

実は、理性をいくら働かせても、潜在意識には勝てません。

潜在意識は、僕たちの本能に深く結びついているからです。

そのため、潜在意識を変えるためには、新しい別の潜在意識を脳に上書きするしかないのです。

潜在意識を変えるためには、繰り返しイメージすることが大事

潜在意識を上書きする方法はとてもシンプルです。

それは、『なりたい自分』をひたすら頭の中にイメージすること。

『なりたい自分』になれて当たり前だと思えるくらい、何度も何度も想像する。

なんかめっちゃ簡単で、拍子抜けしませんでしたか?

僕も最初これを知った時には、『はあ? 何言っちゃってんの?』と思いましたw

でも、実際にやってみると分かるのですが、毎日、毎日『自分がなりたい姿』をイメージし続けるのって難しいんです。

『自分がなりたい姿』をイメージすることを毎日の日課にしようとしても、残業が続いたりして疲れ果てると、ついついサボっちゃいます。

でも、潜在意識を変えようとしたら、繰り返し、繰り返し新しいイメージを思い浮かべないといけません。

僕の経験上、最低3ヶ月間は毎日『なりたい自分』をイメージし続ける必要があります。

3ヶ月間続けて、初めて潜在意識が少しずつ変わり始めるんですね。

潜在意識を完璧に変えるためには1年間はかかると思って間違いないです。

それくらい潜在意識を変えるには時間がかかります。

でも、潜在意識が変わると、マジで現実が変わります。

こんな言葉を聞いたことありませんか?

  • 言葉が変われば、思考が変わる
  • 思考が変われば、行動が変わる
  • 行動が変われば、習慣が変わる
  • 習慣が変われば、人生が変わる
  • 人生が変われば、運命が変わる

これは、アメリカを代表する心理学者、哲学者のウィリアム・ジェームズの言葉です。

人生訓ともとれる言葉ですが、これは現実を変えるための実用的なテクニックです。

潜在意識(思考)を変えることによって、自分の行動が変わります。

そして行動が積み重なって、それが習慣化し、いつの間にか自分の人生が変わるのです。

それほど、潜在意識の力とはとてつもないパワーがあります。

そして、この潜在意識のパワーを活用して大成功を収めた偉人は数知れません。

この潜在意識のパワーを使うことの重要性は、様々な人が訴えています。

成功哲学の大家であるナポレオン・ヒルがその著書『思考は現実化する』の中で何度も訴えているメッセージはこの『潜在意識を活用せよ』ということです。

最近ブームの『引き寄せの法則』もこの潜在意識のパワーを別の言い方をしているだけです。

思考を繰り返せば、自分の潜在意識が変わります。

そして、潜在意識が変われば、人生が変わるんです。

これはマジです。

実際に、僕の人生変わりましたから。

繰り返しイメージする方法

これまでで、潜在意識を変えることの重要性が分かっていただけたと思います。

そして、潜在意識を変えるためには、毎日、毎日『自分のなりたい姿』をイメージすることが大切なことも。

毎日、毎日、忘れずに『自分のなりたい姿』をイメージするためには、工夫が必要です。

先ほど述べたように、毎日イメージすることの重要性が分かっていても、忙しいとついついサボってしまうのが人間だからです。

そこで、僕がオススメする方法は、『自分がなりたい姿』を紙に書いて、それを毎日、朝起きた時と、寝る前に声に出して読むことです。

ちょっと恥ずかしいですけど、僕はこのような紙を透明のクリアケースに入れて、リビングと寝室においてあります。

そして、毎朝起きた時と、寝る前に呪文のように唱えています。

最初は、家族から『パパ頭おかしくなったんじゃないの? 大丈夫?』と心配されましたw

だって、毎日クリアケース片手にブツブツ呪文を唱えているわけですから。

でも、この恥ずかしさは頑張って乗り越えてください。

頭おかしくなったって家族に思われても良いんです。

自分がハッピーになれば、家族にも優しくできるんですから!

あ、でも家族以外の人には見られないでくださいね。

新興宗教に加入したかのように疑われますからw

その結果、僕は願い通りに不動産投資を始めることができました。

ブログもこうやって皆さんに読まれることで、収益を生み出しています。

そして、当初立てた目標はほぼクリアできています。

こうして見ると、『刷り込みの効力ってマジでスゲーわ』って感じています。

自分だけの『おまじない』を作る

そして、更に調子にのった僕は、『おまじない』まで作っちゃいましたw

潜在意識に刷り込ませるためには、とにかく繰り返しが大事。

『だったら、朝晩2回だけじゃもったいなくね?』と思ったわけです。

なので、短いフレーズの『おまじない』を作って、暇があれば唱えてみることにしました。

これは斎藤一人(ひとり)さんのアドバイスに従ったものです。

斎藤一人さんは、納税日本一にもなったことのある実業家です。

自己啓発書や成功哲学の本を沢山書いているので、知っている人も多いと思います。

斉藤一人さんは、ポジティブなキーワードを散りばめたパワーフレーズを作って、暇があればそれを唱えることを推奨しています。

僕が作った『おまじない』は次の通りです。

嬉しい、楽しい、幸せ

健康、元気、ツイてる

愛してる、愛されてる、ありがとう

ここだけの話ですが、暇ができると僕はこの言葉をこっそり呟いてます。

例えば、信号待ちの時とか、ジョギングしている最中とか。

いつもブツブツ言っているので、周りの人からすると変な人だと思われているのかもしれません。

そのため、人混みの中を歩いていても、周りの人がよけてくれることも多いですw

なんか、この『おまじない』を呟いていると気分良いんですよね。

特に、仕事でツライ時や、落ち込んだ時はこの『おまじない』を意識的に呟くようにしています。

すると、いつの間にか嫌な気分がどこかに消え去ってしまうんですね。

めちゃくちゃ手軽にできるので、重宝しています。

斎藤一人さんについてもっと知りたい方は次の本がオススメです。

斉藤一人さんの文章はとても簡単なので、サクッと読めちゃいます。

疲れたな~と感じる時に読むと、元気が出ますよ。

関連記事

初心者が区分マンション投資をする際の注意点をわかりやすく説明しています。

区分マンション投資で失敗しない方法 初心者が抑えておくべき最重要ポイント5つこんにちはJOJOです! 不動産投資といっても、一棟もののアパート・マンション投資から、区分所有のマンション、戸建、REITまで様...

融資が厳しい今でもできる不動産投資手法を解説しています。

融資が厳しい今、初心者が不動産投資を始めるならどの手法が有効?【有名大家さんに聞きました】こんにちはJOJOです! 東京都内で3棟20部屋のアパートを経営しています。 『成功している大家さんが今不動産投資を始めるとしたら...

初心者が不動産投資を始める前に読んでほしい記事をまとめています。

不動産投資初心者の方へ:最初に読んでほしい記事はじめまして! 不動産投資ブログ「あそぶろ」を運営しているJOJOです。 僕は東京都内で4棟32部屋のアパートを経営している現役の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!