融資

【体験談】クレジットカード滞納履歴があってもアパートローンを借りる方法!

こんにちはJOJOです! 東京都内で3棟20部屋のアパートを経営しています。

自宅を購入したり、不動産投資を始めようと考えている方の多くは、金融機関でローンを借りることになると思います。

ただ、中には過去にクレジットカードの滞納履歴があるため金融機関からローンを組めるかどうか心配という方もいると思います。

今でこそ金融機関からの借入が2億円近くある僕ですが、不動産投資を始める時にクレジットカードの滞納が見つかり超アセったことがあります。

僕の場合は、初めての不動産投資で6,000万円のアパートローンを銀行に申し込んだ直後にクレジットカードの滞納が見つかりました。

発覚した時は、不動産投資が始められないんじゃないかという不安と、クレカ滞納をしてしまった自分のことを後悔して夜も眠れませんでした。

ただ、結論から言いますと、クレカ滞納履歴があっても6,000万円のアパートローンを借りることができました

その後、着実に?借金を積み重ねて、今では2億円以上の借入があります。

ちっとも自慢にならないですけどね(^-^;)

このように、ブラックリストに載ってもアパートローンを借りることは可能です。

ただ、ちょっとしたコツが必要なんですね。

今回は、クレジットカードの滞納履歴があるけれど、住宅ローン(アパートローン)を借りたいと考えている人向けに、『ローン審査を通すためのコツ』をわかりやすく解説していきます。

初めての不動産投資

当時、僕は初めての不動産投資に挑戦しようとしていました。

その時の僕のスペックは次の通り。

  • 30代前半
  • 妻と息子2人の4人家族
  • 1年前に都内に戸建(自宅用)購入。35年ローン。
  • 大手企業のサラリーマン
  • 年収700万円
  • 金融資産 500万円

ネットで見つけた収益用不動産に購入申込みを行い、売主さんと価格で合意したため、金融機関にローンを申し込もうとしていました。

僕が申し込んだのは不動産投資向け融資に積極的なO銀行。

物件価格6,000万円に対して、6,000万円のフルローンを申し込みました。

本当は頭金を入れる必要があったのですが、手持ち現金が500万円しかなかったので、仲介手数料とか登記費用等の諸費用を支払うだけで精一杯。

不動産屋さんとO銀行の担当者のサポートもあって、なんとか特別にフルローンでアパートローンの審査を行ってもらえることになりました。

当時僕は不動産投資の実績はゼロ。

おまけにフルローンを組もうとする無謀な挑戦だったので、ローン審査に通るかどうかとても不安でした。

クレカ審査に落ちて、クレカ滞納が発覚!

アパートローンを申し込んだ後、自宅の洗濯機が故障しました。

洗濯機を購入するために自宅近くのヤマダ電機に行くと、そこでヤマダ電気のクレジットカード申し込みキャンペーンをやっていました。

なんと、ヤマダ電機のクレジットカードをその場で申し込むと、洗濯機代が2万円安くなるようです。

クレカ自体はVISAがついている普通のカード。年会費も無料です。

クレカを申し込むのは簡単なので、その場で速攻申し込みました。

その後2週間ほど経った後で、ヤマダ電機から一通の書類が送られてきました。

なんと、クレジットカードの審査に落ちたため、クレジットカードを発行できないとのこと。

大企業に勤務して、年収も700万円あったので、まさか普通のカード審査に落ちるとは思いませんでした。

その時、ちょっと嫌な予感がしました。

というのも、個人の信用情報に傷がついていると、クレカ審査に落ちることがあるというのをネットのニュースで聞いたことがあったからです。

ただ、信用情報に傷がつくようなことをした覚えはまったくありません。

住宅ローンだって一度も返済が遅れたことはありませんし、クレジットカードの支払も毎月きちんと行われていました。

ただ、アパートローンを申し込んでいる途中だったので、念のため信用情報を調べることにしました。

CIC(信用情報機関)で信用情報を確認!

ネットで調べると、CICという信用情報機関にて自分の信用情報を確認できることがわかりました。

早速CICにて信用情報を開示請求しました。

CICではネットで簡単に信用情報を確認することができます。

ただ、一回調べることに1,000円の手数料が発生します。支払いはクレジットカードのみです。

恐る恐る信用情報履歴を見てみると、そこには過去すべての金融関連の履歴が記載されていました。

記載されていた履歴は次の通り

  • 住宅ローン 1件
  • カードローン(住宅ローンを借りた銀行とのお付き合いで作った) 1件
  • クレジットカード 10件

クレジットカードについては10件も履歴が載っていることに正直驚きました。

普段使っているクレカは2枚だけ。

残りの8枚は過去に作ったものがずーっと信用情報として記載されています。

つまり、カードは解約しない限り信用情報に残り続けます。

銀行員の方に聞いたのですが、クレジットカードは加入しているだけで信用情報としてはマイナスになるそうです。

なぜかというと、クレジットカードには通常キャッシング利用枠が設定されています。

このキャッシング利用枠=借金だとみなされて、その分だけ信用を毀損(きそん)するからです。

この事実を知ってから、僕は使っていないクレカはすべて解約するようにしています。

さて話を戻します。

クレジットカード10枚の支払い履歴を一つ一つチェックしていくと、あるカード情報の箇所に『異動』の文字が。

『異動』ってなんだろうと思って、調べると次のことが判明しました。

CICで異動情報が登録されるケース

  • 約定返済日61日以上または3ヶ月以上の支払いの延滞
  • 期限の利益を喪失した場合の保証契約の履行(※)
  • 裁判所の破産の宣告

※クレジットカード会社が債権を回収できないと判断すると、サービサーと呼ばれる債権回収専門会社に債権を譲渡します(買い取ってもらいます)。その代わり、クレジットカード会社はサービサーに保証料(保険料)を支払っています。

どうやらクレカの滞納を行っていることは間違いないようです。

クレカ滞納の事実を確認!

『異動』のマークがついていたのは、クレジット機能付きTSUTAYAカード。

そして、延滞されていた金額は2,000円。

『2,000円で何を購入したのだろう?』

その金額を見て、僕はある出来事を思い出しました。

当時、僕はクレジットカード機能付きのTSUTAYAカードをTポイントを貯める目的で利用していました。

クレジットカード機能は不要だったのですが、TSUTAYAカードを新規作成する時に、クレジットカード機能をつければ発行費用が無料になるキャンペーンをやっていました。

そのため、思わずクレジットカード機能付きを申し込んだのです。

クレジットカード機能はついていても、使わなければ良いだけだと思ったのです。

年間利用料は無料ですしね。

その後、TSUTAYAで本を購入しました。

TSUTAYAで本を買うと、Tポイントが貯まります。

Tポイントを貯めるために、クレジットカード機能付きTSUTAYAカードを提示していました。

そして、決済用には別のクレジットカードを利用していました。

つまり購入の際に、別のクレジットカードとTSUTAYAカードの2つを店員さんに渡してたんですね。

Tポイント付与はTSUTAYAカード、決済は別のクレジットカードで処理してもらってました。

それが、店員さんの間違いによって、誤ってクレジット機能付きTSUTAYAカードにて決済が行われたようなんですね。

運の悪いことにクレジットカード機能付きTSUTAYAカードの支払いは銀行口座引き落としではなく、ファミリーマートでの専用決済端末(Famiポート)での支払い方法となっていました。

つまり、銀行の口座にお金が入っていても、自分でファミリーマートまで行ってFamiポートでお金を支払わないと滞納になってしまいます

この複雑な支払い方法が災いとなりました。

TSUTAYAカードでクレカ決済がされたことに気が付かない僕は、当然Famiポートでの支払いも行いません。

クレジットカードの期日までに支払いがない場合、通常はクレジットカード会社から支払督促がきます。

ただ、運の悪いことにTSUTAYAカードを作った後で、僕は引っ越ししていました。

引っ越しのタイミングで、住所も電話番号も変更してしまいました。

おまけに、TSUTAYAカードで登録したメールアドレスは普段チェックしません。

そのため、僕はクレジットカードの支払いを延滞していることにまったく気が付きませんでした

慌ててカード会社に連絡

僕は早速TSUTAYAカードに連絡してみました。

窓口のお姉さんに事情を話して、支払い履歴を確認してもらうと確かに延滞履歴があることが判明しました。

滞納していた期間は3ヶ月程度。

急いで支払いをしたいと申し出ると、それはできないと言われました。

なぜなら、滞納が3ヶ月以上続いたために、僕への債権はTSUTAYAカードから債権回収専門会社であるサービサー(ポケットカード)に譲渡されていたからでした。

そのため、僕は借金取り立てのプロであるサービサー(ポケットカード)に対して支払いを行う必要があります。

TSUTAYAカードからサービサー(ポケットカード)に債権を譲渡されたことによって、CICの信用情報履歴には『異動』の文字が記載されることになりました。

信用情報履歴の『異動』は、債権をサービサーに譲渡した(異動した)という意味なんですね。

その後、僕はサービサー(ポケットカード)に連絡して、延滞料とあわせて約3,000円を支払って、債務を消滅してもらいました。

このたった3,000円のために、僕の信用情報に傷が付き、クレジットカードを新規で作ることができなくなっていたのでした

つまり、ブラックリストに載ってしまったのです。

O銀行に連絡

クレジットカードの延滞が発覚した以上、アパートローンを申し込んでいるO銀行には正直に伝えないといけません。

伝えなくてもCICで僕の信用情報をチェックすればスグに分かりますしね。

早速、O銀行の営業担当者に電話しました。

O銀行の担当者には正直にクレカの滞納が発覚し、急いで滞納分を支払ったことを報告しました。

O銀行の担当者はすぐにパソコンで僕の信用情報を調べてくれて、確かに僕の名前がブラックリストに載っていることを確認してくれました。

このクレカ滞納はアパートローンの審査に影響を与えるのかどうかをO銀行の営業担当に恐る恐る聞くと、『クレカ滞納が事実だとすると、確実にアパートローンの審査には悪影響を与えます。ただ、金額も小さいですし、故意の滞納ではないため、審査部と掛け合ってみます』とのこと。

その後、数日経ってからO銀行の審査部から、クレジットカード延滞の経緯と今後の再発防止策についてまとめた報告書を提出してほしいと言われました。

幸い僕は会社では営業を担当していたため、顧客へのお詫び文書を作成するのには慣れていました。

そこで仕事で培ったノウハウを駆使して、完璧な報告書に仕上げました

そして、審査部に報告書を提出した後は、ひたすら審査に合格することを祈りました。

融資審査OKの連絡がきた!

報告書を提出してから2週間が経過した頃、O銀行の担当者から『融資が通過した』連絡を受けました。

担当者に伺ったところ、クレジットカードの延滞は審査にマイナスだったが、以下の点で問題が小さいと判断されたようです。

  1. 延滞が一過性のものであり、常習性がなかったこと
  2. 延滞した金額が2,000円と少額だったこと
  3. 滞納期間が3ヶ月と短期間だったこと
  4. しっかりとした経緯報告書を銀行に提出し、反省の姿勢が見えたこと

こうして無事に僕は初めてのアパートローンを借りることができました。

審査を通してくれたO銀行にはとても感謝しています。

これからアパートローン/住宅ローンを申し込む人へ

僕の場合は滞納金額が小さく、しかも滞納している期間が3ヶ月程度で滞納に気がつくことができたため、なんとか審査に通ることができました。

これが、滞納金額がもっと大きく、滞納している期間が長かったら審査NGになっていたと思います。

そのため、今後アパートローン/住宅ローンを申し込もうと考えている方は以下の点に気をつけて頂けると幸いです。

  1. 滞納に心当たりがなくても、念のため信用情報を調べてみる
  2. 不要なクレジットカードは解約する
  3. 携帯電話料金の滞納も、信用情報に傷がつくことを理解する

滞納に心当たりがなくても、念のため信用情報を調べてみる

個人の信用情報は、CICのホームページで簡単に調べることができます。

僕みたいに、ローン申し込みの後で慌てて滞納に気がつくよりは、事前に調べておいたほうが安心です。

もし滞納している事実が判明しても、すぐに対処できますしね。

不要なクレジットカードは解約する

クレジットカードやカードローンは所有しているだけで、信用情報としてはマイナスです。

キャッシング利用枠分だけ借金があるとみなされるからです。

CICで信用情報を調べると、自分が加入しているクレジットカード、カードローンが全て把握できます。

利用していないカードがあれば、速攻解約しましょう。

僕の場合は気が付かないうちに合計で10枚もカードを作っていたことが判明したため、メインカード2枚を残して他はすべて解約しました。

携帯電話料金の滞納も、信用情報に傷がつくことを理解する

携帯電話料金の支払いを銀行口座引き落としにしている方も多いと思います。

実は携帯電話料金の支払い遅延も立派な滞納になります。

つまり、信用情報に傷がつくんですね。

そのため、携帯電話料金の支払い口座には多めに資金を残しておきましょう。

携帯電話の料金なら少しくらいでも滞納しても良いやと考えていると、後で大変な目にあいますよ。

まとめ

今まで見てきたように、早期発見できれば、クレジットカードの滞納履歴があってもアパートローンを借りることができます。

将来的にローンを申し込もうと考えている方は、念のため信用情報をチェックしておくと良いと思います。

ちなみに滞納履歴はCICのような信用情報調査機関で最長5年間記録が残ります。

逆を言えば、5年経てば滞納履歴や破産履歴は消えるのです。

これは、破産した人が再度人生をやり直せるように信用情報は5年以上保持してはならないと国が定めているためです。

そのため、少しでも滞納に心当たりがある方は、信用情報を調べておきましょう。

万が一滞納が発覚しても、早く滞納を解消できますからね。

以上、お読みくださってありがとうございました!

関連記事

お金をかけずに不動産投資のノウハウを学ぶ方法

【初心者必見!】お金をかけずに実践的な不動産投資ノウハウを学ぶ方法こんにちはJOJOです! 東京23区でアパート4棟32部屋の大家をしています。 僕は大家を初めて7年以上経ちますが、不動産投資...

初心者が不動産投資を始める前に身につけるべき知識・ノウハウのまとめ記事

不動産投資初心者の方へ:最初に読んでほしい記事はじめまして! 不動産投資ブログ「あそぶろ」を運営しているJOJOです。 僕は東京都内で4棟32部屋のアパートを経営している現役の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!